カメラマン関連の情報を収集してます


by zvshvymeoc

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 30日午前7時40分頃、東京都大田区大森西2の民家の玄関先に、毛糸のセーターとタオルケットにくるまれた生後まもない乳児が置き去りにされているのをこの家の主婦が発見し、夫が119番した。

 警視庁大森署幹部によると、乳児は女の子で、体がきれいに洗われ、へその緒がついたままだった。けがはなく、命に別条はないという。同署は、乳児の親と置き去りの目撃者を捜している。

経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)
高橋洋一の民主党ウォッチ 政治資金の虚偽記載 会社で言えば粉飾決算だ(J-CASTニュース)
「子の奪取に関する条約」日本の早期加盟要請(読売新聞)
<火災>民家全焼 焼け跡から遺体 千葉・四街道(毎日新聞)
日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-31 00:21
 29日午前1時55分ごろ、兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀の無職、河井武さん(65)方から、女性の声で「夫の首をネクタイで絞めた」と119番があった。救急隊員が駆けつけたところ、河井さんがベッドでぐったりしており、病院に搬送されたが意識不明の重体。

 高砂署は、殺人未遂容疑で同居していた妻の恵子容疑者(62)を逮捕した。恵子容疑者は調べに対し「介護に疲れて殺そうと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は、29日午前1時50分ごろ、自宅で河井さんの首を絞めて殺害しようとしたとしている。高砂署によると、恵子容疑者は河井さんと2人暮らし。河井さんは手足が不自由で、ほぼ寝たきり状態。恵子容疑者が1人で介護していたという。

【関連記事】
引きこもり38歳殺害の父「妻の介護に疲れ死ぬつもりだった」
ワンルーム高齢者住宅…「大声うるさい」89歳夫を81歳妻が刺す
「介護に疲れた…」 車いすの母親絞殺で長男を逮捕 兵庫県警 
「申し訳ない」病院が謝罪 男性ケアマネの5200万円流用疑惑で
迫る時効、追う夫 懸賞金かけ妻介護15年 大阪の殺人未遂

春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
<小沢幹事長>聴取に「検察は説明を」…民主の細野副幹事長(毎日新聞)
元事務長、二審も無期=岐阜一家6人殺傷−名古屋高裁(時事通信)
<千葉・市川市>入札参加業者のメールアドレス、見せて送信(毎日新聞)
<お別れの会>大塚雄司さん=2月18日、都内ホテル(毎日新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-29 16:01
 鳩山首相は22日の衆院予算委員会で、公的年金を受給するのに必要な25年間の最低加入期間について、「期間短縮も重要な発想だ。25年は長すぎるので検討したい」と述べた。

 無年金者対策などのため、保険料を支払う期間の短縮に前向きな考えを示したものだ。

 首相はまた、「低所得者に基礎年金を上乗せし、暮らしを援助することも大事だ」と語った。

 これに関連し、長妻厚生労働相は同日の記者会見で、「25年ルールは(制度の)根幹にかかわることなので、新しい年金制度改革の中で見直しに取り組んでいく」と述べた。

11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信)
札幌の女性殺害、遺体に雪をかぶせた形跡(読売新聞)
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)
亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)
普天間現行案、首相に撤回要求へ=「市民の意思伝えたい」−次期名護市長(時事通信)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-28 14:04
 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部に逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者に関し、「起訴されないことを望みたい」と発言したことについて「誤解を与えてしまうのならば撤回したい」と述べた。

 発言の真意については、「起訴されることになれば申し訳ないという意味から、捜査によって無実が証明されればよいという思いで申し上げた」と釈明した。自民党の茂木敏充幹事長代理の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相、捜査介入を否定 「不起訴望む」発言で釈明
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」

小沢幹事長「毎度お騒がせいたしております」(読売新聞)
<土地購入事件>鳩山内閣の閣僚から苦しい発言続く(毎日新聞)
<掘り出しニュース>辛くて噴火しちゃう?激辛ソース「赤岳大噴火」販売(毎日新聞)
鳩山政権の政治主導は「疑問」 古川元官房副長官(産経新聞)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-26 19:21
 来月にプルサーマル発電開始が予定されている愛媛県伊方町の四国電力伊方原発3号機(加圧水型、出力89万キロワット)について、国の原子力安全委員会は25日、四電の耐震安全性評価を妥当とした原子力安全・保安院の結論を認める決定を出した。

 四電の安全性評価は、耐震設計の審査指針の改定に伴って提出していた。同県は、四電に対し、プルサーマル発電で使用するMOX燃料(ウランとプルトニウムの混合酸化物)の取り付けまでに、国と県から耐震安全性の確認を受けることを求めている。今回の国の決定を受け、同県も近く耐震安全性について審議する予定で、計画通り2月上旬にMOX燃料が取り付けられる見通しが強まった。四電は想定される地震による最大の揺れの強さを570ガルとして耐震安全性の評価をしていた。【柳楽未来、栗田亨】

【関連ニュース】
伊方原発:プルサーマル学習集会 強行反対を採択−−八幡浜 /愛媛
伊方原発:燃料集合体に微小穴 キセノン漏れ、定検で判明 /愛媛
伊方原発:プルサーマル計画 反対団体、四電本店に抗議文 /愛媛
愛媛・伊方原発:プルサーマル計画 四国ネット、四電に抗議文 /香川
伊方原発:「プルサーマル中止を」 市民団体が四電に申し入れ /愛媛

芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
インフル定点8.13、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
陸山会土地購入 小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)
<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-25 20:44
 江戸時代初期創業の「小鯛雀鮨鮨萬(こだいすずめずしすしまん)」(大阪市)が節分用巻きずし「招福巻」の商標権を侵害されたとして、大手スーパーを全国展開する「イオン」(千葉市)に使用差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、使用差し止めなどを命じた1審・大阪地裁判決(08年10月)を取り消し、原告側の請求を棄却した。

 1審判決は「商標権侵害に当たる」と判断した。しかし、塩月裁判長は「05年以降は極めて多くのスーパーで『招福巻』の商品名が用いられており、普通名称になっていた。商標権の効力は及ばない」と指摘した。

 1審判決によると、小鯛雀鮨鮨萬は88年、招福巻を商標登録。イオンは12種類の具材を使った巻きずしを「十二単(ひとえ)の招福巻」の名称で06年と07年に販売した。【牧野宏美】

 ▽小鯛雀鮨鮨萬の話 担当者がいないのでコメントできない。

 ▽イオンの話 当社の主張が認められたと理解している。

【関連ニュース】
節分の縁起物:くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺
掘り出しニュース:4メートルの赤鬼 仁王門前に登場
節分会:福豆300キロ準備−−日光・輪王寺 /栃木
ロールケーキ:工夫の「恵方ケーキ」 山形でコンテスト、菓子職人が競う /山形
子供鬼やらい:来月3日の節分に 参加者を募集−−伊勢・おかげ横丁 /三重

<訃報>杉下雅章さん74歳=元新光証券会長(毎日新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
<女性裁判員>致命傷の写真で体調崩し?解任 福岡地裁(毎日新聞)
窃盗 ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-24 09:37
 原口一博総務相は22日の衆院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件に関し「『関係者によると』という報道は不適」との自身の発言について、「取材源を明らかにしなさいということは一切考えていない」と述べ、「関係者」の実名を明らかにしろという意味ではないと釈明した。その上で「不確かな情報によって巨大な資本が一色に人を追い詰めてはならないということを言った」と述べた。

【関連記事】
「地デジ応援隊」を創設 総務省、各界の著名人で
「『関係者によると』は不適」 原口総務相発言に広がる波紋
旧自由党解党時の資金移動質問で衆院予算委審議が一時紛糾
「取材源の明示求めず」TV批判で総務相が釈明
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”

「信じて、支えていく」石川議員の後援会長(読売新聞)
取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)
財政出動の継続を確認=鳩山首相とIMF専務理事(時事通信)
与党、党首討論提案へ 政治とカネ 苦境打開に「捨て身」(産経新聞)
<無料低額宿泊所>厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別(毎日新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-23 09:50
 08年12月に破産手続きを申請した中堅消費者金融会社「レタスカード」(京都市中京区)が破綻(はたん)前、信託銀行などに消費者ローン債権を譲渡して見返りの現金を受け取ったものの、債権の大半が架空だったことが分かった。架空債権は50億円を超すとみられる。債権譲渡によって現金を得る「債権流動化取引」は近年法整備が進み、消費者金融を含む企業の資金調達手段として浸透しているが、架空債権など悪質な偽装が判明したのは初めてという。

 破産管財人などによると、架空債権を譲渡されたのは、東京都内の信託銀行と特定目的会社(SPC)。破綻後に架空と判明し、管財人は2社に経緯を既に伝えてた。

 複数の関係者によると、SPCのケースでは、08年1月にレ社が消費者ローン債権をSPCに売却。その後も回収実務はレ社が担い、回収金と債権明細のデータをSPCに送っていた。しかし、レ社は同12月、約217億円の負債を抱え自己破産を大阪地裁に申請。その後、譲渡債権約60億円のうち、約50億円は存在しないことが判明した。

 レ社の社長は「私には分からない」と関与を否定している。

 消費者ローン債権の譲渡は、一般的に消費者金融側が示す債権リストで取引されるが、譲渡先企業が膨大な小口債権の真偽を1件ずつ精査することは難しい。債権流動化に詳しい高橋正彦・横浜国立大大学院教授(金融システム)は「帳簿自体を偽装されたら見破りようがなく、事実ならば極めて悪質。実害があれば刑事上は詐欺罪、民事上は不法行為が成立する可能性が高い。ノンバンクの貸付債権の流動化への悪影響が懸念される」と指摘する。【安藤龍朗】

【関連ニュース】
詐欺容疑:近ツー元社員が7億円 大阪地検特捜部が逮捕
振り込め詐欺:日中混成グループが暗躍 警官名名乗り
振り込め詐欺:2グループ15人、未遂容疑で逮捕
振り込め詐欺:09年の被害、過去最少 それでも月8億円
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合

残業月80時間、マクドナルド社員の過労死認定(読売新聞)
<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)
鳩山首相、党大会で自身の疑惑「終結した」(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
予算繰越制度の運用改善=使い切り慣行を排除−財務省(時事通信)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-22 14:39
 13日夜、大分県別府市光町の住宅密集地で発生した火災は、アパートや住宅など計25棟を全焼し、約5時間半後の14日午前3時40分頃、鎮火した。

 焼失面積は約2500平方メートル。火元付近の松岡アパートに住む50歳代男性と、隣接する別のアパートに住む女性(82)の2人の行方が分からなくなっており、別府署が確認を急いでいる。

 また、14日午前6時頃、現場から約130メートル離れた同市末広町の木造平屋建て約33平方メートルを全焼した。飛び火とみられている。家人2人は無事だった。

 別府署の発表によると、光町で全焼したのはアパート3棟、住宅15棟、店舗2棟、空き家4棟、倉庫1棟。一連の火災で、行方不明2人を含む48人が焼け出され、近くの公民館などに避難した。

小沢氏に説明促す=首相(時事通信)
子供用携帯、都が推奨へ…全国初の「お墨付き」(読売新聞)
機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
<新型インフル>輸入ワクチンの国内販売を承認…厚労相(毎日新聞)
検察幹部「小沢氏側は司法を軽んじている」(読売新聞)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-21 17:22
 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市内で記者会見し、夏の参院選に向けて「自分が先頭に立って議席を守り抜く」と述べ、島根選挙区(改選数1)から5選を目指し出馬する意向を正式表明した。執行部は容認する見通しだが、新旧世代交代が最大の急務となっている党内からは“老害”を危惧(きぐ)する声が続出した。

 記者会見に先立ち、党島根県連は同市で選挙対策委員会を開き、全会一致で青木氏擁立を決定。近く党本部に公認申請をする。党首脳はこの日、取材に対し「青木氏の出馬を否定する理由はない」と述べ、24日の党大会までに公認の正式決定を急ぐ考えを示した。

 だが、青木氏を「派閥政治の象徴」として引退を勧告したことがある河野太郎衆院議員(47)はこの日も同氏を猛批判。「新しい方を出していかないと党の再出発はない。執行部が県連にきちんと説明して仕切り直すべき。古い自民党がゾンビのように戻ってきてはならない」とバッサリ。野田聖子衆院議員(49)も「オールドボーイズ(青木氏、山崎拓氏、片山虎之助氏)の問題。どかしていかなきゃいけないものをどかしていかなきゃいけない」と遠慮なく言い放った。

 邪魔者呼ばわりの青木氏は会見で「わたしの当落を決めるのは県民だ。島根は高齢(者の多い)県。中央政界の第一線で活躍することはお年寄りに勇気を与えると思う」と反論した。

 参院選候補をめぐっては党内で、比例代表70歳定年制の内規に抵触する片山元総務相(74)や山崎前副総裁(73)、他選挙区の高齢現職の扱いが焦点となっている。

 青木氏は小渕、森両内閣の官房長官を歴任、与党時代には「参院のドン」と呼ばれたが、党改革を望む若手議員にかつての威光は通用しないようだ。

 【関連記事】
青木幹雄 参院議員 島根選挙区 を調べる

抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書−日米(時事通信)
「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)
公用車運転業務 一般競争入札で給与激減 たたき合い響く(河北新報)
未承認ピルを無許可で保管=販売目的、比国籍の女と夫逮捕−三重県警(時事通信)
皇太子ご夫妻、兵庫県入り(時事通信)
[PR]
by zvshvymeoc | 2010-01-20 23:41