カメラマン関連の情報を収集してます


by zvshvymeoc
 抗がん剤「イレッサ」の副作用による被害者遺族らが、国と輸入・販売元のアストラゼネカに損害賠償を求めている「薬害イレッサ訴訟」の統一原告団・弁護団は3月18日、問題の全面解決を求める要求書を長妻昭厚生労働相とアストラゼネカに提出した。今年7月から行われるイレッサの再審査で、承認内容を見直すことなどを求めている。

 要求書は、長妻厚労相とアストラゼネカに、▽国とアストラゼネカ社は責任を認め被害者遺族に謝罪する▽国とアストラゼネカ社は被害者遺族に対する償いをする▽今年7月からの再審査にあたりイレッサの承認内容を見直す▽医薬品副作用被害救済制度を拡充するなどして抗がん剤による副作用死を救済する制度を創設する▽薬害イレッサ事件を検証し薬害の再発防止に取り組む―の5点を要望している。
 提出後に開いた記者会見で、西日本訴訟原告弁護団の永井弘二事務局長は「医薬品評価制度ができた中で起こしてしまった薬害ということなので、イレッサこそきちんと検証しないと、第2、第3のイレッサを防ぐことは決してできない」との考えを示した。

 「イレッサ」は02年1月にアストラゼネカから承認申請、同年7月に承認された「手術不能または再発非小細胞肺がん」を適応とする抗がん剤。販売開始直後から副作用の間質性肺炎による死亡報告が相次ぎ、04年末までの2年半で副作用死亡報告数は557人に上り、09年9月末までには799人の報告があったという。
 04年7月15日に患者と患者の遺族11人が大阪地裁に、同11月25日には患者の遺族4人が東京地裁に、それぞれ国とアストラゼネカに損害賠償を求めて提訴している。請求金額は共に1億450万円。この裁判では、大阪地裁で7月30日、東京地裁では8月25日に最終弁論が開かれ、結審する予定だ。


【関連記事】
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
被害者全員の救済を5党に要請―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
厚労相との面談を要請―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承−薬害肝炎WG
B型肝炎患者が全国一斉追加提訴−原告患者は373人に

<北朝鮮不正輸出>業者に有罪判決…神戸地裁(毎日新聞)
雑記帳 すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
<君が代裁判>1審判決を取り消し、訴えを却下 東京高裁(毎日新聞)
<詐欺ほう助>東山魁夷贋作の被告に無罪判決 岡山地裁支部(毎日新聞)
【Web】プロ野球ネット中継 ビジネスなるか?(産経新聞)
[PR]
# by zvshvymeoc | 2010-03-23 14:16
 茨城県阿見(あみ)町のカーテン店経営、栗山裕さん(当時67歳)に対する保険金殺人事件を茨城県警に上申書で告白し、殺人罪に問われた元暴力団組長、後藤良次被告(51)の控訴審判決で、東京高裁(若原正樹裁判長)は17日、懲役20年とした1審・水戸地裁判決(09年6月)を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 後藤被告は水戸市などで計5人を殺傷した事件で死刑が確定しており、刑法の規定で死刑が優先される。弁護側は上告する方針。

 判決によると、後藤被告は元不動産ブローカー、三上静男受刑者(60)=無期懲役確定=とともに00年8月、栗山さんの妻ら3人=懲役13〜15年確定=の依頼で、肝硬変だった栗山さんに無理やり酒を飲ませ殺害した。

 弁護側は「死亡と飲酒強要に因果関係は認められない」と主張したが、高裁は「深酔い状態でウオツカを一気飲みさせられ死亡したと推定できる」と退けた。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
佐賀大:ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」
上申書保険金殺人:元ブローカーの無期懲役確定へ
元組長の殺人上申:元ブローカーの無期懲役確定へ
2009茨城・この1年:事件・事故 /茨城
一気飲み:佐賀大生が死亡 ラグビー部の卒業生送る会で 1年男子「強要ない」

三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
<マンホール事故>酸欠か 作業員2人死亡 埼玉・日高(毎日新聞)
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う(産経新聞)
桜いつ満開…予想困難、気をもむ観光関係者(読売新聞)
山形新幹線が運転見合わせ 常磐道も一部通行止め 震度5弱地震(産経新聞)
[PR]
# by zvshvymeoc | 2010-03-19 03:13
 平野博文官房長官は11日午前の記者会見で、2009年10〜12月期の実質GDP(国内総生産)が年率換算で3.8%増となったことについて「(景気は)依然厳しい状況だとの認識の下に、これからも注視しなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
実質年3.8%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
GDP、実質年1.17%増=1〜3月期
実質年4.0%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10〜12月期

<築地移転>土壌汚染除去の実験で濃度低下(毎日新聞)
「生活感、汗のにおいがない」=鳩山政権に苦言−田中元外相(時事通信)
子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)
普天間問題 社民6都道県連が党本部に抗議(産経新聞)
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問(産経新聞)
[PR]
# by zvshvymeoc | 2010-03-17 13:44
 全日本空輸は12日、今年10〜12月に世界で初めて機体が納入される次世代中型旅客機ボーイングB787型機の整備士養成訓練の様子を公開した。

 従来の訓練は、紙の資料を使った座学が中心だったが、B787では必要なマニュアルがすべてパソコンに収められ、別のパソコンで操縦室や機体周辺を本物と同様に表示。不具合修復の模擬訓練などができる。また操縦室を再現したフライトシミュレーター(模擬飛行装置)を簡素化した「フラット・パネル・トレーナー」も導入され、訓練コストを低く抑えられるという。

 現在、第1期の12人が訓練中で、今月末には米シアトルのボーイング社で実機を使ったテストを受け、B787の整備士や社内教育の教官が誕生する。B787は昨年12月、1号機が初飛行を終えた。複合材を使い軽量化、低燃費を実現したのが特徴。全日空は55機を発注している。【平井桂月】

【関連ニュース】
全日空機:副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半
日航:国際線10%減 全日空は13%増
全日空:女性の副操縦士や整備士らでひなまつりフライト
悼む:全日空副会長、前社長・山元峯生さん=1月28日死去・64歳
輸送実績:日航↓、全日空↑ 更生法申請影響?−−1月

【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
[PR]
# by zvshvymeoc | 2010-03-16 05:55
 日米密約に関する有識者委員会の報告書提出を受け9日午後、記者会見した岡田克也外相は、「密約調査で日米安保体制の運用に影響を及ぼすとは考えない」と述べた上で、「米国の核政策の変更によって平成3年以降は、核が(日本に)持ち込まれたことはないと考えている。非核三原則を見直す考えはない」として、引き続き非核三原則を堅持する考えを表明した。

 また、岡田外相は、密約について「これほど長期間にわたり冷戦後も国会、国民に明らかにされてこなかったことは極めて遺憾だ」と表明。そのうえで、外務省に「外交記録公開・文書管理対策本部」を設置する考えを示した。

【関連記事】
日米密約「3密約を認定」有識者委員会
日米密約で有識者委が初会合 1月中に報告書提出
「日米密約」外務省が有識者委員会設置
日米密約 公表は年明けも 岡田外相 有識者会議設置へ
民主の政策課題「友愛」「財源」大丈夫?
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

山崎まさよしさん 結婚 「僕はここにいる」などがヒット(毎日新聞)
<狂言>250人が堪能 ミッドランド3周年で(毎日新聞)
国後沖銃撃、僚船14隻も船位装置停止認める(読売新聞)
<4歳児衰弱死>市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨(毎日新聞)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)
[PR]
# by zvshvymeoc | 2010-03-11 14:35